歯科矯正ネットクリニックレポート

歯科矯正ネットカウンセリングルーム


CLIPPY-LとGUMMETALによる生体にやさしい舌側矯正

青山審美会ヤフー知恵袋

青山審美専門家プロファイル
小型自動舌側矯正装置による部分的な矯正
 
クリッピーLの特徴
小型自動舌側矯正装置 クリッピ^L
院長は裏側(舌側)矯正のパイオニア
薄くて小さい舌側矯正装置

小型の舌側装置には、stb、クリッピーL等があります。
stbとクリッピーLの最大の相違点は、クリッピーLがセルフ・ライゲーション・システム(オートマチック・タイ)を持つことです。
このシステムはフリクション・フリーといわれ、矯正用ワイヤーと矯正装置との摩擦が最小限に抑えられるために、理想的な生理的矯正力がかけ易く、歯周組織と調和した効率的な歯の移動が可能になると言われています。
このため、痛みが少なく、治療期間が短縮されます。
セルフライゲーション
独自のクリップ構造は、開閉が簡単。
また、このメカニクッスにより、前歯の後方(舌側)への移動もスムーズに効率的に行うことが可能になり、矯正治療最終段階でも歯の整直も確実に行うことができます。
セルフ・ライゲーション・システムを持つ矯正装置は他にもありますが、クリッピーLは矯正治療の全過程(パッシブ、インタラクティブおよび アクティブ)を通して、それぞれの治療過程に適した歯の移動を可能にします。ただし、stbにはクリッピーLと同じ、小型の装置であるという利点はあります。
したがって、クリッピーLは現在ある舌側装置の中では最も優れた装置といえますが、これを使う矯正歯科医がこの装置の利点を生かせる技術を持つことが重要な要素となります。
舌側矯正の治療には、高度の技術と経験が必要ですから、矯正医の選択は慎重に行って下さい。
舌側部分矯正ケーススタディー当医院の症例
  
叢生、乱杭歯、八重歯
症例写真 症例写真 症例写真 症例写真
  
症例写真 症例写真 症例写真 症例写真
  
症例写真 症例写真 症例写真
  
出っ歯、上顎前突、歯ぐき
症例写真 症例写真 症例写真 症例写真
  
症例写真 症例写真 症例写真  
  
すきっ歯、正中離開、空隙歯列
症例写真 症例写真 症例写真 症例写真
  
受け口、反対交合、しゃくれ、切端咬合
症例写真 症例写真 症例写真